何が起こった??資産を一瞬で無くした3つの理由

fx

2019.1.18 僕にとってのXデーだったみたいです(笑)。

この日に僕は、積み上げてきた利益をパーにしてしまいました。

見てください、この雪崩具合w

ひどいですね。まあ、負けには必ず理由があるとスポーツでも言われますので、冷静に分析できる時間がたちましたので分析していきます。

大きく3つ理由があります。

10万円分のボーナスも溶かしてます。
元のロット数でのトレードはできません。

1そもそも、オーバートレードだった

まず、相場の大きな流れとしてはUSDJPYの1時間足でドル高方向へのトレンドがありましたが、4.00lot ショートしていました。

そして、エントリー後もトレンドの転換を狙って売り増しつずけていました。

僕は、基本的には1.00lotでトレードし、それ以上の枚数の時は早めに見切りをつけるようにしています。

ですので、あとあと考えてみるとどうゆう根拠でこの枚数をはったのかが疑問です。

そして、ロスカットできなかったのも普段見る損失より少し多かったからだと思います。

2ロスカットラインを明確に決めていなかった

そして、次の問題は70万近くあった証拠金を全部溶かすまでポジションをきれなかったことで、明確にロスカットのラインを決めていませんでした。

普通は○pips離れたらとか、証拠金の○%の含み損抱えたらとか決めているトレーダーさんが多いです。

振り返ってみるとー20万でも最初が10万スタートでしたのでトータルでは70ー20=50万で40万も+な訳です。

こう考えると、−30万でも今ならロスカットしています。

ではなぜ当時できなかったかというと、、、

3心に余裕がなくなっていた

間違いなくこれです。

いつか戻すだろう。

連勝していたし、負けるわけがない。というプライド(傲慢で愚かな考えです)が資金を全部溶かすまでロスカットさせなかったのかなとおもいます。

今回の失敗でまた、安定的に稼ぎ続けるために考え実践して行こうと相場が教えてくれました。

1回、1日、1ヶ月、一年ではなくもっと長いスパンでトレードし続けられるよう勉強していきます。

ツイッターのfxアカウントが突然いなくなるのも、これで理解ができるかと思います。

fxってこんなものです。

そして、fxは勝つのはそう難しくありませんが、勝ち続けるのは難しいことなのです。

今週のトレード結果

2019,1,28(月)〜2,1(金)のトレード結果

58戦 

34勝 24敗  勝率 58.6%

獲得pips -113pips

獲得損益  +43749 JPY

1回のトレードの平均    

テークプロフィット  +5.438pips

ストップロス    ー12.412pips

今週のトレード

今週は途中までまだあのおっきな敗戦から立ち直れていなかったため週の前半は低資金でやりました。

後半3日間は、勝率、獲得損益ともに満足できる結果でした。

データでみると面白くて一週間でこんなにもポイント(pips)では負けているんやなと思いました。

それなのに、損益としては+なので、資金管理というかロット管理はしっかりできたのかなと思います。

また、一回のトレードのイグジットを見てみると、チキン利確し、ロスカットは遅いといった感じなので、『損小利大』にできるように少しずつ改善していきます。

まあ、こうやってちっちゃなデータですけどいざつけてみるととても勉強になるし面白いのでオススメですよ〜〜。

それではこの辺で、失礼いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント