【2年使ってみてわかった】AirPodsのいいとこ・悪いところ

大学生活
けまり
けまり

みなさんこんにちは。最近、5年前とか中学生の時に聞いていた曲を久々に聞くことにハマってるけまりです。

ケマフレンズ
ケマフレンズ

ケマっち、昔の曲を聞くのっていいですね〜〜^。曲が思い出させてくれる記憶ってどこか懐かしさがあるよね。

けまり
けまり

そーなんだよね〜👍無邪気なあの頃に戻れたり、サッカーの遠征で負けて帰ってくるバスからの車窓の景色なんかが思い浮かんできたりしちゃうんだよね〜〜

ケマフレンズ
ケマフレンズ

ところで、ケマっちは音楽はスピーカー派??イヤホン派??

けまり
けまり

僕は家ではスピーカー派だけど、移動も多いしランニングや筋トレもよくするからイヤホンもよく使うよ。AppleのAirPodsメチャクチャいいよ👍

不自然な会話最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ということで(笑)、、、

今回はAirPodsを2年以上使っている僕が実際に使ってみないとわからない『AirPodsのリアル』をお伝えしていきます👍

AirPodsってAppleのワイヤレスイヤホン

AirPods

AirPodsの紹介を少しだけしておきます。

AirPodsはAppleの作った完全独立型のワイヤレスイヤホンです

現在はAirPods第2世代もありますが、今回は第一世代・第二世代の両方まとめて記事にしています(比較のレビューは他サイトでもいっぱいあるので)

価格はAppleの公式価格で、充電器がワイヤレス充電ができるものが22,800円(税別)で充電器がケーブル接続のみのものが17,800円(税別)となっています。

一回の充電でAirPods本体は5時間の再生と3時間の通話が可能です。充電ケースもマックス充電しておけば24時間以上再生できるんだとか、、、

こんな感じがAirPodsの基本スペックです。

僕は2年以上前に第一世代のAirPodsを購入しています。

2年以上使ってきてのリアルな声をレビューしていきます👍

AirPodsのいいところ

さてここからは、AirPodsのいいところを紹介していきます。

ワイヤレスだから邪魔にならない

これまでのイヤホンはワイヤレスでも右と左をつなぐものが多かったですがAirPodsは完全独立型ですので邪魔になるコードが一切ありません。

そのため筋トレだって、ランニングだって快適にできちゃいます。コードがない分激しく動いてもずれたことはこれまでに一度もありません。

音質がいい

僕はAirPodsを使っていて音質が、、、と感じたことはありません。もちろんイヤホンも突き詰めれば高音質のものはあると思いますが、普通に音楽を聴くyoutubeを見るくらいでは何の問題もないです。

第一世代より第二世代の方が音質がいいです。第一世代に比べ第二世代の方が音量を上げた時にも心地よく壮大にかつ余裕のある感じがあります。

充電持ちがいい

最初にちょろっと触れましたが本当に充電持ちがいいです。100%本体の充電ができていれば、5時間再生・3時間通話ができます。

ランニングなんかで長めに走っても、先に息耐えるのはもちろん僕の方です(笑)。

デザインがスタイリッシュ

AP PHOTO/ANDRE PENNER

AirPodsってデザインもかっこいいですよね!!

サッカー選手もよく使ってます。ネイマール選手も愛用してます。

こないだジムでAirPodsではないワイヤレスイヤホンつけてる方がいたんですが、なんかデカくてボテッとしててかっこ悪かったです(すいません)。

その点AirPodsはスタイリッシュでちょうどいいサイズ感。

まあ、僕は彼女に「何〜〜、耳毛つけてるの〜〜」って言われちゃいますが、、、

Apple製品との相性が最狂!!

iPhone使ってる人は絶対的にAirPods!!

大事なことなんでも一回言っときます。

iPhone使ってる人は絶対的にAirPods!!

こんな利点があります。

  • ケースから取り出すだけでペアリング完了
  • Siriが使える
  • 通話もスキップもイヤホンもタップするだけ
  • バッテリー残量も確認できる(iPhoneで)

iPhoneを探すで簡単に見つけられる

完全独立型のイヤホンてよく無くしちゃいますよね。

けど、AirPodsなら安心。「iPhoneを探す」でどこにあるか探すことができます。

僕も一度、居酒屋さんで酔っ払って床に落として帰ったことがあって、翌日MacBookで調べたらこんな感じで出てきて助かったことあります。(同じようなことが何度かw)

こんな感じで教えてくれます

AirPodsの悪いところ

ここからは、実際に使ってもないとわからないAirPodsの悪いところも紹介していきます。

無くしちゃう

AirPodsがちっちゃくてスタイリッシュで「つけていることを忘れさせる」くらいいいものであるがゆえの悩みなんですが、よく無くします。どこそこおき忘れてきたり、ゴミ箱に入っていたことも一度ありました(頭おかしいのか??笑)。

なくなったら、「iPhoneを探す」でサウンドを再生させれば近くにあればすぐに見つけることができます。

っあ、ゴミ箱から音がする、、、(桃太郎か鶴の恩返しか??)

ってな感じです。

充電するのがめんどい

あんまり充電する必要はないですが、だからこそたまにの充電がめんどくさく感じてしまいます。

これはまあ、AirPodsの悪いところというかワイヤレスイヤホン全てに当てはまることなのでしょうがないですね。

第二世代では非接触型の充電方式のケースもあるので少しは楽かなと思います。

水没しちゃう

AirPodsは残念ながら防水ではありませんので、水没することがあります。

僕はこれで、2台ボツにしてます。

ポケットに入れっぱなしにしてるの忘れてて、そのまま洗濯しちゃうというやつです。

気付いた時には手遅れ!!!

しっかりとAirPodsの生存を確認してから、選択する習慣をつけるしかないです。

ケースの内側に砂鉄みたいなのがつく

AirPods本体はそこまで汚れませんが、ケースが落としたり洗濯したりで汚れちゃいます。

汚れたら洗濯すればいいんですが、、、

すいませんふざけすぎましたw

ケースの内側がこんな感じで汚れちゃいます。

ホントに汚いっすね

トータルでは満足度星3つ!!

と、ここまでAirPodsのいいとこ・悪いとこを書いてきましたが、総評としてはいたって満足度の高いワイヤレスイヤホンです。

悪いところは、むしろAirPods自身が悪いというよりは使う人の問題な感じもあったのでw、、、

あなたも是非AirPodsで最高の音楽体験を。

『魔法のようなワイヤレス』


 

コメント