fxの始め方〜簡単3ステップ〜

fx

fxの口座を開設する会社を選ぶ

国内・海外どちらの海外口座で開設するか

まず、fxをするにはfxの口座を用意する必要があります。

これは証拠金を管理したり、利益や損失を管理したりしており、すべてこのfxの口座内でお金の増減が起こります。

このような感じです。口座開設後にもらった5000円分のクレジット(2行目)しかないですね(減ってますが)(笑)。

まず、海外のfx会社か国内の会社かを選びます。

学生ならば、絶対的に海外のfx会社をオススメします。

詳しくは『学生は海外FXがオススメ!!』の記事をお読みください。

国内か海外か決まったら、実際に口座を開設するfxの会社を決めていきます。

何を基準に選んだらいいの?

国内であれ、海外のfx会社であれ、どこの会社がいいのか??

という疑問を持たれる方は多いと思います。

僕は、一概にどこがいいとオススメすることはできないと思っています。

理由はあなたのトレードのスタイルによってピッタリのfx会社があるためです。

例えば、スキャルピング(数秒、数分程度のポジション保有時間のトレードを繰り返すスタイル)を主に行うトレーダーの方にはスプレッドが狭く・約定率(注文した価格でトレードできる確率)の高いfx会社がオススメです。

また、レバレッジをかけたい方(低資金で行いたい方は)海外口座などトレーダーによってfx会社を選ぶ基準は様々です。

僕の場合(デイトレード、学生のため軍資金は少ない)のfx会社選びの基準は、、、

一、レバレッジが高い

二、入金ボーナスがある

三、約定率が高い

といったところでしょうか。ちなみに僕がメインで使っているのは、『GEMFOREX』です。

しかし、スプレッドは広めです。

このように各会社メリット・デメリットがあります。

そのため、トレードのスタイルごとや通貨ペアごとによって2つ3つの会社を使い分けているトレーダーさんもいるみたいです(いいとこ取りができますからね)。

それでは実際の口座開設方法を見ていきましょう。

口座を開設する

口座を開設する会社が決まったら、その会社のwebページにアクセスします

1、webで必要事項を入力

口座開設ページに行き、氏名、住所などの必要事項を入力していきます。

本人確認書類との確認がありますので、間違いなく正確に入力してください。

2、必要書類の提出

次に、免許証やマイナンバーなどの必要書類の提出をします。

データをweb上でアップロードするか郵送するかのどちらかです(fx会社によって違います)。

3、口座番号の把握

本人確認と審査が終わるとfxの口座番号とパスワードがメールや郵送で送られてきます。

これで口座開設自体は終わりです。

実際にトレードするためにはこの口座番号とパスワードでmt4やwebプラットフォームにログインすればトレードできるようになります。

ここまでできれば、あとは証拠金を入金するのみ!!

入金し、トレード開始!!

『さあ、入金しトレードスタート!!』

とその通りなのですが、入金する際に先ほど取得したfxの口座に直接入金はできません。

fx会社の入金方法をよく読み、その会社の銀行口座に振り込むようにしてください。

fxの口座番号と入金先の口座番号は別ですので、間違わないように気をつけてくださいね。

それでは、最高のfxライフになることを祈ってこの辺で失礼します。

お読みいただきありがとうございました。